宝石の国

市川春子/著

既刊10巻

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。
新刊情報
最新刊 10巻
2019年08月23日

11巻 (電子書籍)

2020年06月21日発売(アルの予想)

3行でわかる宝石の国

その身体は宝石で出来ている。あるものの身体は少女の心のように美しく、ある者の身体は弱い心のように脆い

遙か遠い未来、地上から人間は消え、輝く宝石の身体を持つ28人のものだけがそこにいた

宝石を手に入れようとする「月人」との時折の戦いと邂逅。想像を超えた世界、ここは美しい宝石が暮らす宝石の国

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

宝石の国の記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿