バー・オクトパス

スケラッコ/著

既刊1巻

バー・オクトパスの好きなところ

無口なタコのマスターが営むバーに訪れる海の住人たち。恋愛する前提の話に疲れたり、同窓会の知らせに憂鬱になったり、でもゆっくり静かにお酒飲んで元気になったり、みたいなのがめちゃくちゃ共感できて心地よい。 途中でマスターが毎年漬けてる梅酒が出てくるんですが、おんなじように大学の研究室で毎年梅酒作ってたの思い出しました。うまくいかないこともあったけど楽しかった。

2021年 02月 20日

人気のニュース

タグからマンガを探す