健康で文化的な最低限度の生活

柏木ハルコ(作者)

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――新聞メディアはもちろん、現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ![生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!

3行でわかる健康で文化的な最低限度の生活

新卒公務員の主人公えみるが、生活保護に関わる仕事であるケースワーカーになり、様々な受給者とのやり取りをする話。

どうしても重苦しい雰囲気になってしまうテーマではあるけど、膨大な取材とともに描かれており作者の真剣さが伝わる。

誰も悪者として描かれないが、社会の問題が解決されてスカッとするマンガでもない。決して目をそむけてはいけない現実がそこにある。

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す