呪術廻戦

芥見下々/著

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

3行でわかる呪術廻戦

並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。その彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった!

オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した

「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。彼に示されたのは2つの死に方の選択。人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す