復讐の教科書

廣瀬俊/原作 河野慶/漫画

作品概要

『復讐の教科書』(ふくしゅうのきょうかしょ)は、原作・廣瀬俊先生と作画・河野慶先生による作品です。2020年3月23日(月)より「マガジンポケット」にて連載中。

また、『進撃の巨人』や『五等分の花嫁』などのヒット作を送り出してきた敏腕編集者「バック」こと川窪慎太郎さんのマガポケ初担当作です。

川窪さんのインタビュー記事はこちら。

あらすじ

「教師になる」という夢を持つ高校生の黒瀬は、5人のクラスメートによる酷いいじめを受けている。

復讐の教科書

助けてくれるクラスメートはおらず、退学届を書くも母親に阻まれてしまい、逃げ場を見つけられずにいた。ある日、黒瀬が憧れている担任教師の白鳥が彼の悩みに気付き、教室に目安箱を設置。

復讐の教科書

しかしそれが災いし、黒瀬はいじめがバレることを恐れた5人に自殺を強いられ、校舎の屋上から転落してしまう。

復讐の教科書

そのとき落下先にいた白鳥へ衝突し、黒瀬は意識不明の重体となった一方、軽症だった白鳥は1週間で学校に復帰する。実は2人は衝突のショックで中身が入れ替わっていたため、学校に現れた白鳥の正体は黒瀬だった。

復讐の教科書

白鳥となった黒瀬は、教師の立場を利用して様々な手段を講じ、いじめてきたクラスメートたちに復讐していく。

復讐の教科書

キャラクター

黒瀬良太郎(くろせりょうたろう)

本作の主人公。不道たち5人からいじめを受けており、苦しい日々を送っている。校舎の屋上から転落した際に白鳥に衝突し、中身が入れ替わったことで、教師の立場を利用して復讐を図る。いじめてきた不道たちに対し、強い復讐心を持っている。

復讐の教科書

白鳥聖(しらとりこうき)

黒瀬たちのクラスの担任を務める体育教師。公明正大な性格をしており、生徒からの人気も強い。黒瀬と衝突して入れ替わった際に意識不明となり、黒瀬として入院中

復讐の教科書

不道(ふどう)

いじめグループの中心人物。普段は優等生として振る舞っている。黒瀬を守る素振りを見せた白鳥について「これ以上目ざわりなことするようなら 懲戒免職に追い込んでやる」と発言するなど、自分の邪魔をする者に対してとても攻撃的な性格をしている。

復讐の教科書

遊井学(ゆいまなぶ)

いじめグループの1人。画才があり、画家になる夢がある。自分の夢を「世の中に良い影響を与えられる」とする一方、黒瀬の夢を「世の中にとって害悪」と主張する。

復讐の教科書

切木竜也(きりこたつや)

いじめグループの1人で、バスケ部の部長。黒瀬だけでなく、試合中に自分の思い通りに動かない一年生をよくいじめている

復讐の教科書

森野くるみ(もりのくるみ)

いじめグループの1人で、グループ唯一の女子生徒。SNSに関するある秘密を持っており、それを握っている不道にたびたび脅されている。勘が良い一面があり、白鳥と入れ替わった黒瀬を追い詰める。

復讐の教科書

作者情報

廣瀬俊先生のTwitter:https://twitter.com/syun_hirose

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

まだ「好きなところ」が投稿されていません。

最初に投稿してマンガの魅力を伝えましょう!

好きなところを投稿

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿

同じタグのマンガ

タグからマンガを探す