GIANT KILLING

ツジトモ/著 綱本将也/著

既刊54巻

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!! 東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!
新刊情報
最新刊 54巻
2020年03月23日

55巻 (電子書籍)

2020年08月21日発売(アルの予想)

3行でわかるGIANT KILLING

ETUはジャパンフットボールの1部の中でも最弱の部類に入るクラブ。かつてのチームのスターだった達海猛を監督に迎え起死回生を目指す!

フラフラしていい加減に見える達海だが、策士としては一流!戦術を駆使してチームを勝利に導く

弱いチームが強いチームに勝つ「ジャイアントキリング」を見せられるか!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

GIANT KILLINGの記事

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみてください!

このマンガを読んでいる人はこんなマンガも読んでいます

テラフォーマーズ

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

おおきく振りかぶって

県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉(みはし・れん)。見学するだけと訪れたものの強引に入部させられたのは、全員1年生(くせ者揃い)に女監督(コワイ)という創設まもない野球部だった! オレらのエースは暗くて卑屈。勝つために、弱気なエースのために。行け、オレら! 読むとためになり、しかも血沸き肉躍り涙する。絶対に面白い本格高校野球漫画!

東京タラレバ娘

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

マージナル・オペレーション

ラノベやゲームを愛好するニート・新田良太(あらた・りょうた)。7年続けたニートの立場に耐えかね一念発起、ネットで見つけた外資系軍事企業PMSCsの好条件に魅力を感じ出来心で応募するが……。30歳ニート、異国で知る世界の現実に震える! 『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が描く人気小説に、気鋭のイラストレーター・キムラダイスケが挑む! これまでのミリタリーアクションとは一線を画す、このうえなくリアルな戦場成長シリーズが開幕!

このマンガを読んだ人におすすめ!
最高必読のオススメマンガ

投稿

同じタグのマンガ

アオアシ

小林有吾(著) 上野直彦(取材・原案協力)

既刊19巻

DAYS

安田剛士/著

既刊37巻

七つの大罪

鈴木央/著

既刊39巻

BLEACH

久保帯人

全74巻完結

タグからマンガを探す