ONE OUTS

甲斐谷忍/著

ONE OUTSは以下のサービスで無料で読めます。

予感

失策

賞賛

ONE OUTS

賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る渡久地東亜は、120kmしか投げられないが、勝負師としてのずば抜けた力を持っている
そんな渡久地が、プロ野球でピッチャーとしてマウンドに立つ。駆け引きや心理戦など、あらゆる手を使って、弱小チームを勝利に導いていく。
野球マンガよりも、勝負に勝つとは何か?を徹底して描いた名作!経営者やビジネスマンの間でも超人気のマンガです!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

ONE OUTSの記事

 ビジネスの参考になる!知恵と勇気を「ONE OUTS」から吸収せよ!!

動画業界でロン毛をなびかせ続ける男、ONE MEDIA代表の明石ガクトだ。今日は『経営者がビジネスの参考になるマンガとして何故か同じ様な作品を紹介しがち問題』に対して、一石を投じたい。という三大要素がある。もっと、リアルな日本のビジネス環境下にピッタリなマンガは無いのだろうか?あるんだ。しかも野球マンガで。そんなマンガを今日は紹介したいと思う。まずタイトルは「ONE OUTS」だ。ONE MEDIAのONEは別にここからとったわけじゃないことだけは予め言っておくぞ。作者は「LIAR GAME」で知られる甲斐谷忍先生!ということは単純な野球マンガでは無いことはマンガファンならお察しがつくだろう。あらすじ部分はアルでけんすうが執筆した記事から引用しよう。ちょっとこれだけ見ると、どのあたりがビジネスの参考になるのか皆目検討つかないと思う。だけどちょっと待って、僕の話を聞いてほしい。このマンガが圧倒的にビジネス向きだというポイントをリスティクル風にまとめてみた。〜ビジネスで本当に勝利したい人が「ONE OUTS」を絶対に読むべきポイント5選〜1.手札だけで戦略をつくるリアリティ主人公の渡久地は、弱小のリカオンズの負け癖が付きまくった選手だけで何とかしていく。都合よく強くてかっこいいライバルが途中で移籍してきたり、伸びしろがヤバそうな新人が仲間になることもない。ただ、自分に配られたカードだけで戦い抜いていく。スタートアップの経営者でも大企業の部署マネージャーでも、基本的には皆、その条件で戦っているわけだ。2.ルールを熟知しルールに忠実に戦うスタンス渡久地はフェアプレーもしないけど卑怯なこともしない。ひたすらルールに忠実に、ルールの抜け穴を使って戦う。絶体絶命のピンチに、突然ルールブレイカーが現れて戦局をひっくり返してしまうような興ざめなことは起きない。ビジネスもルールブレイクまでやってしまう企業は弾かれてしまう。ルールを調べ尽くして、ルールの穴やギリギリの箇所を攻めることが重要だ。3. 仲間のことを信用せず信頼するマネジメント渡久地はコントロールだけが異常に優れたいわゆる「一芸系ビジネスマン」ってイメージ。だから打ったり走ったりは他のチームメンバーに頼るしかない。やり方決めたら信頼して任せてる。でも信用はしてないから、結果がついてこなくても全然怒ったりしない。失敗する場合だって事前に計画に組み入れてたりする。いわゆる「想定内の出来事」ってやつだ。4. 徹底的に勝利を追求するリーダー像ここまで読むと、渡久地すげぇ奴なんだな!好きかも!って思ってる人もいるかもしれないが、基本的にずっと無愛想に何かを考え続けてて、いきなりよくわからない指示を出してくるキャラなんだ。その指示をチームは理解できずに一瞬たじろいだり怒ったりするんだけど、いざやってみるとそれが二手三手先を読んだものだとわかり……みたいな。気づきましたか?そう、渡久地の姿はまさにカリスマ経営者そのものなんだ。5. 本当の勝利の意味を教えてくれるストーリー勝利とは何だろうか?友人であり尊敬する経営者が「勝利条件の定義をすることが大事」とよく言うのだけれど、僕はこの言葉の本当の意味についてONE OUTSを読み終えて初めて理解できた気がする。個別の戦いに勝つことは果たして、勝利と言えるのだろうか?おわかりいただけただろうか?日本で働いている人にとって、リアリティがあるのは小耳に挟む例の如き大作ではなく、圧倒的に「ONE OUTS」であると……!目の前の敵をひたすら全力で倒しに行くことは本当の意味で勝利につながっているといえるだろうか?バトルマンガとビジネスは本質的に違う。局地戦で勝つことに意味はなく、全てが終わった時に勝っている必要がある。そういった意味でこのマンガの本当の面白さは、最終回まで予測できないかもしれない。さあ、僕も頑張るぞ。

ONE OUTSは本気で仕事したいビジネスパーソンにオススメの漫画です

ONE OUTSは、ライアーゲームなどの代表作で知られる、甲斐谷忍先生による野球マンガです。ただ、普通の野球マンガではありません。一言でいうなら「勝負をするときに、必ず勝つためにあらゆる手段を使って勝つ」ことを主題にしたマンガなのです。筆者は、いわゆるベンチャー起業家のコミュニティにいることが多いのですが、そういう、「ビジネスの世界で必死で戦っている人たち」にこのONE OUTSを推薦しまくっています。多くの人が、影響を受け、勝負とは何か、勝つとは何か・・・というのを考えてくれるのですね。実際、会社の研修でONE OUTSを題材にしたこともあります。というわけで、この記事では、ONE OUTSの魅力をお伝えしたいと思います。ONE OUTSの基本的なあらすじは以下です。優勝に必要な何かが足りない” その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。彼は名乗る。渡久地東亜と…。大枠には、賭野球で無敗だった、渡久地を引き入れて、弱小球団であるリカリオンズが日本一を目指すという漫画です。渡久地は、オーナーと、ONE OUTS契約というものを結びます。一球アウトを取るごとに○○円もらえ、一点取られるごとに○○円支払うといった形です。渡久地はスポーツマンでは決してなく、勝負師です。ギャンブラーです。なので、スポーツマンシップに則って勝つわけではなく、勝つという目的のために、あらゆる手段を使っていきます。そして、アウトを取るたびに破格の賭け金を得ていくのです。野球というテーマはあるものの、これはあくまで勝負の手法にすぎないのですね。本質的にはギャンブルマンガです。というわけで、以下、ONE OUTSの魅力を紹介していきます。ONE OUTSの一つの魅力は、「勝つための手法を考え続けることです」ということを徹底することです。たとえば、マリナーズという明らかな力の開きがある球団と勝負をするときに、他のメンバーは過去のデータを集めてきますが、渡久地は「今日のマリナーズ」の情報について話します。「過去のマリナーズ」には意味がなく、「今日のマリナーズ」の情報こそが価値があるということです。勝つためにはどうしたらいいのか?というのを徹底的に考えているわけですね。メンバーが一般的な考えや常識に捕らわれている時に、常に渡久地は本質をついたことをいい、メンバーの目を覚ましていきます。勝つためにどうしたらいいのか?を考え続けるチームになっていく様子がとても気持ちがいいです!渡久地は投手としてかなりの活躍をしますが、持っている武器は限られています。ボールの回転数をコントロールできるのですが、球威はあまりありません。他のチームの選手からは「ザコボール」といわれることもあります。しかし、その限られたカードと、相手の心理を読み、コントロールすることだけで勝ち上がっていきます。今、自分たちが持っている武器だけを使い、いかに勝ち続けるか、ということが描写されていくので、読んでいてテンションがあがります。頭がいい、お金がある、顔がいい、、など、人生で勝てるために何かを持っている人は少数派で、ほとんどの人は、与えられたカードの中で戦うしかありません。今ある中でどう戦っていくのか・・・を知恵を絞っていくのがとてもおもしろいです。あと、勝負する相手は、オーナーなのですが、オーナーの性格はめちゃくちゃ悪く、わかりやすいくらい策略にかけてきます。わかりやすく自分の得のために、契約条件をかえてきたり、渡久地に不利な状態にしたりとしてきます。いっぺんの曇りもないというか、同情の余地がない敵キャラなので、その敵キャラが痛い目にあうのは爽快感があります。ONE OUTSは、人生の役に立つような名言がたくさんあります。筆者個人としても、影響を受けたコマがたくさんあります。常識的に思われていることとは違う、でも本質的で、的を射ている渡久地のセリフに胸打たれます。特にチームプレイに関するところの描写は、チームで働いているようなビジネスパーソンには是非とも読んでもらいたいです!魅力を語るとキリがないですが、仕事を前向きにがんばりたい!という社会人の人にはとてもオススメのマンガです。特に、ライアーゲームや、カイジといったような、心理戦と頭脳戦をかけあわせた勝負ものが好きな人には、とても刺さる作品ではないかと思います。興味があれば、是非ともお読みください!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

忘却バッテリー

こちらは駆け引きとかはあまりないのですが、いわゆる王道ではない設定の野球マンガ繋がりでおすすめです! 今やってる野球マンガの中では一番熱い!