不滅のあなたへ

大今良時/著

新刊情報
最新刊 12巻
2020年01月17日

13巻は、2020年06月19日に発売(電子書籍)

アルが独自に算出

不滅のあなたへは以下のサービスで無料で読めます。

【第1話】最後のひとり

マガポケ

【#2】「おとなしくない少女」

マガポケ

【#3】「ままごと」

マガポケ

不滅のあなたへ

"観察者"が地球に"球"を投げた。その球は周りの影響を受け、自由に変化することができる
不滅である球は、「フシ」と呼ばれるようになり、周りの影響を受けながら成長していく
最初は人間でもなかったフシが周りの影響を受け、様々なことを学ぶ姿に感銘を受ける。また、周りのキャラがとにかく魅力的!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

不滅のあなたへの記事

『不滅のあなたへ』がアニメ化! Eテレにて10月より放送開始決定!

2020年10月より、『聲の形』の作者でもある大今良時先生著『不滅のあなたへ』がNHK Eテレにてアニメ化されることが発表されました!第43回講談社漫画賞少年部門受賞作でもあるこの作品。『不滅のあなたへ』とはどんな作品なのでしょうか?主人公とされる「それ」には、最初名前がありません。一見するとただの球にしか見えないそれは、一つ能力を持っていました。それは、『ありとあらゆるものの変化を写し取り、変化する事』する事が出来るという事です。それは刺激を受ける事にどんどん姿を変えていきます。小石になり、狼になり。そして、人になります。人となったそれは、『フシ』と呼ばれるようになり、次なる刺激を求め、たくさんの人々との出会いと別れを繰り返していきながら少しずつ成長していく――というのが、主なストーリーです。大今先生は、アニメ化する事に対しこのようにコメントしています。「この作品を通して、たくさんの刺激に出会えることを期待しています」まさしく『不滅のあなたへ』のアニメを見る事で、私たちはたくさんの刺激に直面するに違いありません。そして少なからず、変化をするのでしょう。フシが小石から狼になり、狼から人になったように。このアニメを見終わった時、果たして私たちはどのような自分に変化しているのでしょうか!?2020年10月。このアニメを見る事で受ける刺激、そして変化が楽しみでなりません!---🏆🏆🏆---2019年に読んだマンガで最高だった3冊を選んでSNSでシェアしよう!ログイン不要ですぐできる!ハッシュタグは #2019年私のマンガBEST3

あなたにとって生きるとは?死なないモノと生きる者が交わる物語。『不滅のあなたへ』

あなたは何を思って日々を生きていますか?死ぬということを意識して生きていますか?死ぬことを知らないものが思う”生きる”とは。『不滅のあなたへ』は「生とは何か」をテーマにしたマンガで、2016年に映画化された話題作『聲の形』を描いた大今良時先生の新作です。とある世界に投げ込まれた”球”があった。その球は周りの物体から刺激を受け、その物体に変化することができた。変化する条件は対象と接触し、対象が生きていないこと。不滅である球は「フシ」と呼ばれるようになる。人間でない彼は多くの人々と出会い、生きることを学び成長していくのだ。多様な環境に生き、信念を持つ人々の言葉はフシを成長させ、同時に私たちに生きることを問い直してきます。キャラクターそれぞれに魅力的な個性とストーリーがあり、「次はどんな人と出会うのだろう?」とまるで自分が主人公になったかのように物語にのめりこんでしまいます。第1話でフシが出会ったのは、とある青年。フシが変化した狼の飼い主だった青年は、凍える大地に一人残された、その土地の生き残りでした。やがて成長し、まだ見ぬ土地への希望を抱く青年は狼となったフシを連れて世界を知りに旅立ちます。第2話では集落の少女、マーチと出会います。マーチは活発で、早く大人になりたいと父親にせがみます。「大人しくしないと大人になれない」と諭されますが、マーチは、「なにそれいみわかんなーい!」と聞く耳を持ちません。そんな彼女ですが、集落の生贄に選ばれてしまい、大人になる前に死ぬ運命だと言われます。儀式へと向かう途中、大人しくしていられず逃げ出すマーチ。そこでフシに出会うのです。彼女はフシに食べること、寝ることを教えます。生きる意味を考えるフシは、徐々に人間らしさを得ていきます。長い時間の中で人と出会い学び成長する。フシの「進化」を通してわたしたち自身が描かれる物語です。周りの人々がフシを中心として成長していきます。フシも時には裏切られ、傷つけられながらも、精一杯生きる人々に出会い、そしてその人々と別れることで、どんどんと人間性を獲得します。「なんで俺は俺なんだろう」。これは、フシが彼自身に問いかける言葉です。その様子はまさに人間。ぜひ皆さんも彼らの成長に涙しながら、生きるということを考えてみてください!

「不滅のあなたへ」は掟破りの王道マンガだ

はじめまして!夫婦でマンガを描いている峯せいじと申します。今回は、私たち夫婦が大好きな「不滅のあなたへ」をご紹介します。「不滅のあなたへ」は、映画「聲の形」の原作で知られる大今良時先生の作品です。一言でいうと、「主人公フシが世界を旅して、人々と出会い変化していく話」です。こう書くとどこが掟破りなんだろう?となると思います。少年マンガの主人公と言えば「〇〇になる!」、「〇〇をしたい!」という強い動機や揺るがない信念を持っているのが一般的です。しかし、ここが本作の掟破りなところなのですが、主人公フシは最初、動機どころか自我を一切持たない球体として登場するのです。こんな主人公はこれまでにいません。唯一無二です。フシは話が進むに連れ、人と出会い、刺激を受けることで、徐々に自我や感情を獲得し変化していきます。最初「空っぽ」だし「揺らぐ」という掟破りな設定ですが、悩み、変化し続けるという意味では非常に王道な主人公とも言えます。先述のとおり、主人公フシは球体からスタートします。マンガのキャラ作りで有名な話ですが、人気キャラはシルエットでわかるようになっていると言われています。例えば、「鉄腕アトム」のアトムの頭部はどの角度から見ても、アトムのシルエットになっています。でも、最初のフシは球体であり無個性の極みです。刺激を得ることによって、動物や人の姿を獲得していき、最初に出会った少年を基本の姿としつつも、それも状況に応じて変幻自在で固定しません。外観が変わるということは、読者からすると主人公フシを視覚的に捉えにくいので、本来愛着が湧きにくい構造という問題が発生します。ですが、読めば読むほど不思議とフシへの愛着が湧いてきます。それは外観ではなく、フシの考え方や行動が、フシらしいということであり、キャラが強烈に立っているということの証明なのです。フシはタイトルどおり不滅です。生物として死にはするのですが、すぐ元通りになります。本作はバトルシーンも多くあるのですが、本来バトルというのは主人公がやられるかもしれない、死ぬかもしれないからドキドキするのであって、それをなくしてしまうというのはかなりの冒険です。2巻以降、フシの宿敵とも言える存在「ノッカー」が登場するのですが、この敵はフシの記憶を奪います。記憶を失っていくことで、フシはこれまで獲得してきたものを失い、最終的には初期の何でもない球体へと逆戻りしていきます。この設定がすごい。「生命としての死ではなく、存在としての死を与えることで、不滅の主人公のピンチを作る」。しかもそれが「生きるって?本当の意味での死って?」というすごく深いテーマにつながっているという手法。大今先生、天才です。少年マンガでは主人公を導いてくれるメンターや、強烈な個性や欲望を持った敵は物語を盛り上げる上でとても重要です。それが本作ではすごく淡々としています。メンターっぽく登場する黒いローブを着た男、フシを襲う敵「ノッカー」。彼らの目的がふんわりしてて、謎です。黒いローブの男もフシを導いてくれるかのようで好きなようにさせますし、ノッカーなんか自我も感情もなく、淡々と襲ってきます。でも、「こいつらって一体なんなの?」という謎が気になって次をどんどん読んでしまうんですよね。敵のキャラじゃなくて、謎で読ませる。掟破りだけど、謎で読ませるというところは王道ですね。最初、北欧のようなところから始まり、次は弥生時代の日本のような世界、インド(?)、中世ヨーロッパ等々。しかも、その舞台ごとに文化、風習があり重厚な設定になっています。(これを週刊でやれるって、取材とか勉強とか一体どうなってるんだろう・・・その意味でもすごい)さらに、章が変わると前回の章からは40年経過したみたいなこともあり、読者はフシと一緒に時空間旅行をすることになります。不滅の主人公だからこそできる、掟破りの手法ですね。主人公フシは空っぽの状態から、さまざまな人との出会いで成長していくのは前述のとおりです。そこで出会う仲間なのですが、彼らを取り巻く環境や悩みが現代日本人の私たちに本当に共感できる内容になっているのがすごくいいです。例えば、1巻ではフシが出会った少女、マーチが「大人になりたい」と考えているところに、それを許さない大人の事情、圧力がかかります。一つの話が終わる度に、次はどんな仲間と出会うんだろうという楽しみ方ができる王道マンガです。こうして紹介文を書いていくことで、自分でも納得してしまったのですが、「不滅のあなたへ」は掟破りな作り方をしつつも、根底にあるのは「フシとフシが出会う仲間が紡いでいくストーリー」です。つまり、主人公で不滅で、姿形が変幻自在で、舞台が変わっても、その世界にいるキャラを描くことに徹しきっている「超王道マンガ」です。だからこそ、「死とは?生きるとは?」といった普遍的なテーマを描くことができる。この掟破りの王道マンガ、みなさんも一度読んでみてはいかがでしょうか?

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガがある本棚

みんなが読んでる買ってる!アルで注目のマンガ人気速報TOP10+2本棚 / 2019年8月下旬版

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿