少女ファイト

日本橋ヨヲコ 木内亨

新刊情報
最新刊 16巻
2019年09月20日

17巻は、2020年10月17日に発売(電子書籍)

アルが独自に算出

少女ファイト

主人公の大石練は大好きだったバレー選手の姉をなくして、逃げるようにバレーに打ち込むが、チームメイトと軋轢が生まれてしまう
狂犬と呼ばれるほど周りが見えなくなりすぎて、疎外されるトラウマがあった。進学した黒曜谷高校のメンバーとはどうなるのか。
スポ根、友情、青春!すべてが入った熱い高校バレーマンガです!

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

少女ファイトの記事

このマンガが終わるまでは絶対に死ねない。少女達の闘う姿に見る魂の叫び!『少女ファイト』に心奪われる理由

『少女ファイト』は雑誌イブニングで2006年2月号より連載中の日本橋ヨヲコ先生による高校女子バレーを題材にしたマンガです。主人公大石練をはじめとした、悩み多き年頃の女子高生達が高校バレーボールに青春を賭ける姿を描いているのですが、その描き方がなんとも濃いのです。気づけば彼女達から目が離せなくなっている。なんだろう、この直接心臓をワシ掴みされているかのような感覚!大石練は小学生時代狂犬と呼ばれたほど恐れられたバレーボーラー。将来有望なバレー選手だった姉の真里を交通事故で亡くし、自暴自棄になりかけながらも狂ったようにバレーボールに打ち込むが、そのあまりの凶暴さ故に周囲から孤立してしまいます。中学時代も所属したバレー部のチームメイトと上手く馴染めず、もうバレーは辞めようと考えていた練の元に、ある高校からのバレー推薦のオファーが届きます。それは、かつて練の姉真里がバレー部で活躍していた私立黒曜谷高校。現在の黒曜谷高校バレーボール部監督であり、かつての真里のチームメイトだった陣内笛子に叱咤され、練は黒曜谷への進学を決意します。そこで出会ったチームメイト達もそれぞれが過去に挫折経験を持つ曲者揃い。そんな彼女達のチームは他校から「悪役」扱いされます。日本橋ヨヲコ先生の真骨頂である、心の機微が伝わる画力。気がつけば無呼吸で一気に読み進めてしまう吸引力。何故こんなにも彼女達に惹きつけられるのか。それは、作品の中で彼女達が剥き出しのリアルをさらけ出して戦っているからだと思います。辛い時、弱って逃げ出しそうになる時に支えてくれる仲間の存在。練の閉じた心を次第に解放してくれる精神的な支えの存在。自分の弱さも受け止めてくれる良き理解者の存在。練が回を重ねるごとにチームを支える存在として成長していく姿に、親にも似た感情を抱いてしまうくらいに感情移入してしまうのです。少女ファイトは全員が主人公なのかと思わせてくれるくらい、ライバルチームにも魅力溢れるキャタクターが大勢登場します。白雲山高校のアイドル京極小雪、朱雀高校を束ねる元ヤンキャプテン寺沼理香、漫研出身の異色のバレーボーラー柴田このみ、どこからどう見ても男子にしか見えないパワー自慢、琥珀高校の大砲鬼瓦桃子など、自分のお気に入りの選手がきっと見つかること間違いなし!少女ファイトの発刊ペースは約1年に1冊です。夢中で最新刊を読み終わった後「次は1年後かぁ」と思わず呟いてしまいます。バレーボールを通して本当の強さを手にしていく練やその他のキャラクター達への愛が年々増していく、そんな作品です。次巻を悶々と待ち続ける仲間が増えていってほしいと切に願っております!

このマンガの好きなところ

好きなところを自由に書いてみて下さい!

このマンガがある本棚

このマンガを読んだ人におすすめ!最高必読のオススメマンガ

まだオススメマンガが投稿されていません。

次に読んでほしいマンガを投稿しましょう!

オススメマンガを投稿