ヒストリエ

岩明均 / 著

既刊11巻

コマ投稿OK

「よくもだましたアアアア!!」の元ネタは?

インターネットでは、「よくもだましたアアアア!!」「だましてくれたなアアアアア!!」という表現がよく使われます。

特に、5ch(旧2ちゃんねる)などで、「この画像がおもしろいよ」などとURLが貼ってあったときに、見に行ってみたら全然違った・・・みたいなときに使われます。

よくもだましたアアアア!!の元ネタは?

ヒストリエ

この元ネタは、『寄生獣』などの名作で有名な、岩明均先生の『ヒストリエ』です。主人公のエウメネスは名家のおぼっちゃんだったのですが陰謀により、奴隷の身に落とされてしまいます。そして、奴隷としての買い手がついて、家を出る時に、発した言葉です。

『ヒストリエ』の3巻でのセリフです。前半の山場とも言えるシーンで、このコマだけでなく、何ページに渡っての悲痛な叫びが続きます。

・・・・・・だました・・・・・・ だました・・・・・・今まで・・・・・・ぼくを・・・・・・ぼくを・・・・・・よく・・・・・・も よくもぼくを・・・・・ よくもぼくをォ!!だましたなァ!! よくも今まで!! ずっと今まで!! よくもよくもぼくをォ!! なんであんな・・・・・・あんなに・・・・・・ よくもだましたアアアア!! だましてくれたなアアアアア!!

引用元:ヒストリエ3巻

ちなみに、よく「よくもだましたなアアアア!」と書かれることがありますが「よくもだましたアアアア!!」が正しい表記です。「な」は入りません。

ヒストリエの魅力は?

ヒストリエは、アレキサンダー大王の書記官だったエウメネスが主人公です。紀元前4世紀あたりのギリシャあたりが舞台で、アリストテレスなども出てきます。

岩明均先生が、デビュー前から温めてたと言われる超大作で、ひょうひょうとしつつも頭が抜群にキレるエウメネスや、ネットでも話題になる秀逸なセリフ、そして、今後、アレキサンダー大王による大帝国がつくられていくさまが描かれるはずで、ぜひともチェックしておいてもらいたい名作です。

他の名言・元ネタの記事はこちら


最新マンガニュースやお得情報を配信

アル公式Twitter
アル公式LINE

人気のニュース

新着ニュース

今、無料で読めるマンガ

みんなの好きなコマ

コマ画像の投稿は出版社および作者の方から許諾をいただいています

投稿

まだコマが投稿されていません。

最高のひとコマを投稿しましょう!

コマを投稿

出版社・著者様へ

記事化させていただけるようなニュースがありましたら、ご連絡ください

問い合わせる